クレジットカードのショッピング枠現金化の還元率は?

HOME » 現金化の基礎知識 » クレジットカードのショッピング枠現金化の還元率は?

クレジットカードのショッピング枠現金化の還元率は?

クレジットカードのショッピング枠を換金すると、実際に使った金額よりやや少ない金額になります。
カードで使った金額を丸々現金化できるわけではないんですね。
では具体的にどれくらいの金額になるのか、実際に手にする金額が決まるだけに、コレに対する不安の声はとても大きいです。

この点ですが、業者に仲介してもらうと、還元率には相場があります。
還元率とは、最初に使ったカードの金額の中で、実際に現金として戻ってくる金額の割合のことです。
たとえば還元率50%なら、最初に使ったカードの金額の半分が、現金として戻ってくる形になります。
実際にこのサービスを使ったときの還元率ですが、だいたい80%程度が相場です。
最初に使ったショッピング枠の金額のうち、約8割の金額が現金として戻ってくることが多いんですね。

この還元率ですが、業者によって違います。
相場通り、80%の還元率の場所もあれば、それより高い・低いといった業者もいますね。
還元率は実際に使う上での重要なポイントですから、業者もコレを開示していることが多いです。
それを見て、使用する業者を選ぶといいでしょう。

なお、還元率が100%という業者は、まずいません。
なぜなら、このとき利用者へと還元しない割合こそが、これら仲介業者の利益になるからです。
利用者の立場から言えば、これは現金化のための手数料に当たりますね。
これがないとボランティアになりますから、最低でも20%程度はお金を天引きして、残りを利用者へと還元する業者がほとんどです。
還元率100%、もしくはそれにかなり近い条件を掲げる業者は、少し注意したい業者か、その還元率の適用にはかなり細かい条件が別にあることが多いですね。

クレジットカードを現金化したときの還元率は、このようになっています。
ちなみに、業者を使わずに換金したときも同じで、使ったショッピング枠の金額をそのまま換金できることはまずありません。
個人でやったときの還元率は、転売する商品の種類や持ち込む買取店によって大きく変わるため、相場はありません。
8割くらいは現金化したいなら、業者を使った方が確実です。