クレジットカードの現金化の活用例って?

HOME » 現金化の基礎知識 » クレジットカードの現金化の活用例って?

クレジットカードの現金化の活用例って?

クレジットカードの現金化をすると、いくらか現金を調達できますが、コレを具体的に活用した例にはどんなものがあるんでしょうか?
それがわからないと、サービスの使い時や向いている人のタイプがよくわかりませんよね。

この点ですが、まずこれを活用した例は、キャッシングでも間に合わないくらい、現金の用意を急いでいる場合です。
キャッシングサービスも最近は対応が早いですが、新規申込みから実際の借入まで、1時間くらいかかる例も多いです。
もちろんコレが遅いわけではありません。
申込みから1時間で借りれれば、かなり早い方ですよね。

ただ、たとえば現金の用意まで10〜20分ほどしか待てない場面だと、もうキャッシングでは間に合わないことが多いでしょう。
そんなときにクレジットカードの現金化が活用された例が多いです。
この方法は業者の仲介を使うと入金が早く、場合によっては申込みから10分程度で振込できる場合もあります。
これならATMの前で待機しておき、スマホを使って業者に申込みをすれば、絶体絶命の金欠でも乗り切れる可能性がありますよね。
このような、入金までのスピード感を求めての活用例が多いです。

その他の活用例として、審査がないことを活かしたものも多いです。
クレジットカードの現金化には、借入審査がありません。
そもそもこれは新規の借入枠を作るものではなく、すでに持っているクレジットカードの枠を応用して使い、現金に換えるものです。
すでに枠自体はありますので、もう審査をする必要はないんです。
ですから、一時的に無職になったり、直近に滞納歴があったりして、審査に通りにくくなっているときでも、クレジットカードがあるなら現金化が使えます。

本当に返済力がなく、現金化のために使った利用分も返せる見込みがないときは要注意ですが、返済できるアテがあるなら、現金化はとても便利です。
キャッシングなどが一時的に使えない状態でも、この方法なら現金を作れますからね。

クレジットカードの現金化には、以上のような活用例が多いです。