クレジットカードの現金化は法律違反にならない?

HOME » 現金化の基礎知識 » クレジットカードの現金化は法律違反にならない?

クレジットカードの現金化は法律違反にならない?

クレジットカードの現金化ですが、法律違反にならないかどうか、これはやはり不安に思いますよね。
この点ですが、現金化すること自体は、法律違反にならないことが多いです。
と言いますのも、ショッピング枠を換金してはならないといった法律はないからです。
実際にそういう法律を聞いたことはありませんよね。

関連法律が多いのは、主に貸金業などですね。
法令で決められた上限金利を超えてはならない、登録業者以外が貸金業をやってはいけないといった法律はあります。
コレを破ると、法令違反になります。
ただクレジットカードの現金化は、貸金業者以外の場所でお金を借りる行為ではありません。
業者を通したり、個人的に購入した商品を返品したりして現金に換えても、結果的にはカード会社が立て替えてくれたお金を現金に換えているだけですので、これ自体に違法性はほとんどありません。

ただ、カード会社の規約ではショッピング枠の換金を禁じている場合もあります。
この場合、現金化をするとその規約違反にはなりますが、この規約は法律ではありませんので、破ったからといって逮捕されるといったトラブルにはなりません。
法令違反かどうかで言うと、違反にならないことが多いんですね。

ただし、少し気を付けたいのは、クレジットカードで購入した商品を転売する場合です。
現金化で非常によく使われる方法ですが、この場合は厳密に言うと法律違反になる場合があります。
ショッピング枠で購入した直後に、その商品をすぐに売却すると、まだカード会社には支払いが終わっていないことが多いですよね。
この場合、その商品の正式な持ち主は、支払いを立て替えているカード会社になるんです。
もう間もなくカード会社に返済し、正式に自分の物になるのが分かりきっているものとはいえ、正式にその支払いが済む前にそれを売却するのは、人の持ち物を売ったということで、厳密には法律に違反したとの扱いになる場合があります。

このケースでも実際には重大な法令違反とは判断されにくく、実際に法的トラブルになることはほとんどありません。
まもなくカード会社から請求がされ、その清算がされるのがわかりきっているからですね。
ただ、厳密に法律の違反を避けたいなら、この点には気を付けた方がいいですね。