クレジットカードの現金化を安全にやる方法は?

HOME » 現金化の基礎知識 » クレジットカードの現金化を安全にやる方法は?

クレジットカードの現金化を安全にやる方法は?

クレジットカードの現金化ですが、カード会社が公式に推奨する使用方法から少し外れるため、安全にやれるかは自己責任になります。
ではどうやれば、トラブルなどにならず、うまくショッピング枠を換金できるのでしょうか?

まずは、無計画な現金化をしないことです。
きちんとこの方法の仕組みを理解し、返済ができる範囲で利用してください。

この方法ですが、結局はクレジットカードのショッピング枠の利用になります。
方法の仕組み的に、実際に使った金額よりも受け取る金額の方が小さくなり、普段と感覚が変わりがちなのですが、結局はいつものカードショッピングの利用と変わりません。
ですから、やった後はカード会社からいつもと同じように、返済の請求が来ます。
このときに返済に困らないように利用してください。

もしこのときに返済ができない場合、カードの利用を停止されることがあります。
これは現金化によるペナルティではなく、返済遅延に対するペナルティですね。
現金化しようとそうでなかろうと、クレジットカードは返済ができない場合、新規利用を停止されます。
場合によっては強制解約の原因にもなりますし、そうなると信用情報に傷が残り、その他のクレジットカードやキャッシングなどまで利用できなくなる恐れもあります。
それを避けるため、クレジットカードを現金化するときも、カード会社への返済があることは決して忘れず、返済に困らない金額を利用するように心がけてください。

あとは、安全に使える現金化の方法を選ぶことです。
よくある方法に業者の利用がありますが、業者を使うときは安全に使える業者を選んでください。
貸金業者の一部に闇金と言われる業者があるように、クレジットカードの現金化をしている業者にも、気を付けたい業者が一部います。
そのような業者は選ばず、多くの方が安心して使っている業者を使うのがオススメですね。

以上のように、方法の仕組みをちゃんと知り、安全に使える業者を選べば、クレジットカードの現金化でトラブルになることもほぼありません。