クレジットカード現金化のよくある不安

HOME » 現金化の基礎知識 » クレジットカード現金化のよくある不安

クレジットカード現金化のよくある不安

クレジットカードの現金化をやる上で、本当に大丈夫なのか、うまく換金できるのか、どうしても不安があると思います。
コレを実際に利用している方はたくさんいますので、利用しても問題ないことも多いですよ。
ただ、サービスの仕組みやよくある不安点を確認しておくと、安心して使えます。
どうせ使うなら安心して使えた方がいいですよね。
利用前に多くの方が不安に思っている、よくある疑問などについて解説していきます。

まずクレジットカードの現金化はどういう仕組みなのか、これがよくわからないという不安の声も多いです。
方法の仕組みが分からないと、使うかどうかの判断もしづらいですよね。
これはクレジットカードのキャッシング機能ではなく、ショッピング機能の枠を現金に換える方法です。
普通は現金にならない枠を現金にするという、少し特殊なテクニックなんですね。

具体的な方法ですが、まずはそのショッピング機能を普通に使います。
これをしないことには、枠の換金もできませんからね。
購入する商品は、たとえば高級ブランドのバッグや、人気アクセサリー、ゲーム機や家電製品などが一般的です。
一度商品に換えたあと、その商品をさらに現金に換えるというツーステップになっています。

購入した商品を現金に換える方法ですが、一番身近で簡単なのは売却ですね。
高級バッグやアクセサリーは専門の買取りショップ、家電やゲーム機なども総合中古ショップで高値で売れます。
そこで売ってしまえば、その商品が現金に換わるわけです。
これでクレジットカードの現金化は完了です。

これは昔からよく使われている方法で、新幹線や特急列車のチケットなどがよく使われてきました。
個人でもできますし、コレを仲介してくれる業者も現在はたくさんいます。
お金に困っていて、今持っているカードのショッピング枠を換金したい事情があるなら、コレを使ってみるといいでしょう。

ちなみに、この方法自体に問題があるかどうか、不安の声も多いですね。
ショッピング枠は本来現金に換えるための機能ではありませんから、カード会社から推奨される使い方ではありません。
ただ、返済さえきちんとできるなら、問題にならないことも多いです。

そもそもカード会社は、利用者の使用方法をすべて完璧にチェックしているわけではありません。
やろうとしても難しいんですね。
そのため、ショッピング枠を使った後、それで購入した商品をどのように使い、いつまで持っているかなどは、基本的にノータッチです。
ですから、カードでせっかく購入した物をすぐに売ったとしても、処分したとしても、カード会社にそのことが伝わること自体が稀です。
仮にそれが伝わったとしても、だからといって苦情を言われることはほとんどありません。

クレジットカードの仕組み的に、カードで購入すると一時的にはカード会社に立て替えてもらうことになりますが、最終的にはそのカードの利用者が支払いをするわけですからね。
そうやって手に入れたものをどう扱っても、それは購入した人の自由というわけです。
ですから、カードで購入した物をすぐに返品したり、売ったりしても、それがカード会社に知れたり、それで問題になったりすることはほとんどないんです。

ただし、カードへの返済ができることは必ず必要です。
現金化しようと、そうでなかろうと、これらは結局ショッピング枠の利用になりますので、いつも通りに返済することが必要になります。
これさえできれば特に問題にはなりませんが、できない場合はその後のカードの利用に影響しますので、気を付けてください。

この返済のためにも、現金化のために使う金額には気を付けましょう。
特にショッピング枠を現金化すると、実際に使った金額より、受け取れる金額が必ず減るため、カードの使用金額が自然に高くなることも多いです。
コレがなぜなのかという不安の声も多いですね。
詐欺ではないかという疑問も多いですが、これは仕組み的にどうしても起こる事なんです。

たとえば先ほどの方法通り、ブランドのバッグを一度購入し、それを高価買取店に持ち込むことで現金化するとしましょう。
このとき、受け取れる金額は、そのバッグの購入にかかった金額より下がるのがわかりますよね。
どれだけ高価買取をしてくれるお店でも、新品価格と同等か、それ以上の値段で買い取ってくれるお店はまずありません。
中古価格となり、どんなに高くても新品価格未満の値段がつくのが普通です。
ですから、実際に使ったカードの金額よりも、現金化した金額の方が少なくなるんです。

これは他の方法を使ったときも同じです。
返品やキャンセルで現金化する場合、返品のための手数料や送料は利用者負担となることが多いですからね。
それを引かれた影響で、実際に使ったものより低い金額になるわけです。

このような仕組みになりますので、受け取れる現金の価格が減るのが普通なんです。
この現金化を専門にしている仲介業者を使っても、その利用手数料がかかるため、やはり使った金額の1〜2割が引かれるのが普通ですね。
この点は詐欺ではないので心配は不要ですが、実際にカード会社から請求される金額は、最初の使用金額になる点はお忘れなく。
この点を見落とさず、きちんとお金を用意して返済までできれば、特に問題なくクレジットカードの現金化を使えることが多いですよ。

クレジットカードで換金してくれる優良業者探しなら